3月スケジュール
2021年2月12日
ホールドチェンジ
2021年2月19日
全て表示

Rainbow Jr.通信 65  エレメンタリークラスの様子

エレメンタリークラスは小学生でクライミングを始める子が入る最初のクラスです。

現在は4年生2人、3年生1人、2年生3人、1年生2人の8人でレッスンを行っています。

 

去年の2月のスターターレッスンから入ったSちゃんはどんどんレベルを上げて、

今はスカイウォールの4級をトライ中。

3月のレベルアップ試験ではレベル3(スカイウォール5級)を受験予定。

4月からは3年生になるので、

試験に合格すればユニバーサルクラスへ移る予定です。

 

7月からスクールに入ったT君も11月にレベル2(スカイウォール6級)を合格。

現在はスカイウィールの5級を練習中でほとんど登れるようになっています。

 

その他の子も少しづつ6級が登れるようになってきています。

始めた時は8級がやっと登れたとういう子も

じっくり取り組んでいけば6級が登れるようになってきます。

 

クライミングスクールと聞けば、上手くなるために練習をしていると想像しがちですが、

エレメンタリークラスでは「登るのがおもしろい!」と思う気持ちをまずは育てています。

登れないルートを「先生に教わった技を使ってコツコツ登れるまで練習する!」という子はほとんどいません。

ほとんどの子は登れないとつまらなくなって、

登れないルートをトライすることはしません。

練習してどんどん出来るようになっていくとやる気も出て来るのですが、

出来ないことが続くとやる気もなくなっていきます。

そこで大切なのは「クライミングが楽しい!」と感じることです。

楽しくて、もっと登りたい、もっと上手くなりたいな~から始まって

練習する気持ちへとむかえるようになっていきます。

 

具体的にどのような取り組みをしているのかは前回の記事を参考にしください。

https://cg-sorani.com/archives/5532

 

子供達が大好きなジャンケントラバースの他、

その他色々なゲームをしています。

 

※ダルマさんが転んだ

体を安定させた姿勢で止まらなければなりません。

バランスのとり方のクセがわかります。

※「20秒で指定された色のホールドを何個タッチできるかゲーム

広い視野が要求されます。

意外に目の前のホールドに気づかなかったりします。

※音を立てずの登るゲーム

静かに登るためにはゆっくり体を動かし、

丁寧に足を置かないと音がなってしまします。

脚を普段どのように使っているか現れます。

※トラバースしながらお題に答えるゲーム

デュアルタスクトレーニングです。

色というお題を言われたら、赤、白、黒・・・と言いながら

指定されたスタートからゴールまでをトラバースします。

簡単なようで難しく、考えていたら動作が止まったり、

早く進もうとしたら答えられなかったりします。

これをやると、認知力先行か、体を動かすのを優先させているかわかります。

 

難しい技術の指導でなくても、

どのように体を動かしているか確認することは可能です。

楽しく、ゲームをしながらクライミングの技術も身につけ、

ルートも少しづつ登れるようにと取り組んでいます。

 

来週からは今年度初のスターターレッスンが始まります。

2月20日(土)から始まる第1期は募集定員に達しました。

3月13日(土)から始まる第2期はまだ余裕がございます。

参加希望者はお早めにご連絡ください。

スターターレッスン募集についてはこちら☞https://cg-sorani.com/archives/5832

 

 

クライミングを楽しむ子供がもっともっと増えることを願って、

これからも子供たちをサポートしていきたいです。

 

Written By 吉谷 知将

 

 

 

 

 

 

 

SORANI GMK
SORANI GMK
Climbiing Gym SORANIでジェネラルマネジャーをしています。 ジムでお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です