Rainbow Jr. 通信49 外岩ボルダリング 小川山
2020年10月13日
今週の動画配信
2020年10月15日
全て表示

ザッキカナ 現実直視

いい季節になってクライミングに復帰しました。

子供が生まれてから、のらりくらり登っていたのですが、

「ガチ登ろう」って気になったので、

自分の生活スケジュールも大幅変更して、

絶対はずせない仕事の次に登るスケジュールを入れ、

なんとか週6時間ぐらい確保できそうだなと思って、登ることにしました。

 

いやはや、体がとてもダルい・・・

さらに腰がジワジワ痛い・・・

体が回復しないというか、常に疲れていて、パフォーマンス低下・・・

登っていても、こんなんで登っていると言えるのか!?・・・という感じでした。

で、昨日、体の動きを見てもらっている、SORANIではおなじみ飛世先生に聞いたところ

トレーニングしすぎかもというご指摘が!

 

えっーーーー!!!

週6時間、簡単な課題をちょこちょこ登ってるだけなのに!?

何も負荷かけてないと思うけどーーー!!!

 

しかし、話を総合して自分に落とし込んでみると、

体の基礎ができあがっていないところに、

昔と同じような復帰方法でクライミングしたところ、

体がそれにおいついてきていない・・・(マル、以上!)

 

がーーん!!!

今まで直視しないでおいた現実がここにきて暴かれる・・・

恐れていたことが現実になりました。

体は動くはずだ、まだ大丈夫と妄想しているうちに時が過ぎ、

体は低下の一途をたどっているのに知らんぷりをして、

重~い、重~い(本当に重い)腰を上げて行動して、

本当に現実を直視することになりました。

 

腰のジワジワした痛みは、動かない体を無理して動かしているので、

腰主導の動きしかできず、腰に負担がきているとのこと。

体がだるいのは、今の体力と登る量があっておらず、疲労から回復しない。

 

若かりし頃、クライミングを中断することなんて数知れず。

指が痛いだの、怪我をしただの、半年ぐらい登らないことも多々ありました。

でも、気合入れて登ればなんとかちょっとは登れていました。

今回も同様にやってみましたが、

5年ののらりくらりと、りっぱな中年で体を動かしていない自分に負けました。

 

思えば、クライミングしてなくても、日に10時間ぐらいは山で動けたし、

1週間ぐらいは夏山縦走できる体力はありました。

今年の夏は、20キロ背負った1日目の山でフラフラでした・・・

クライミングに復帰してみて、

基礎体力が低下しているんだなということを

本当に本当に直視することになりました。

 

自分の現状がよくわかったので、

(いや、今までなぜ直視しなかったのか!?)

まずは基礎体力をつけていくことからはじめることにしました。

登る中心から、もっと有酸素系運動を多めにして体力強化です。

 

現実直視するのは痛みを伴いましたが、(心身とも・・・)

ようやく地に足がついてスタート地点に立ったんだなという気持ちです。

もう過去からひきずってくるものもなし、

本当に人生の第四の扉オープンです!

さあ、新しい一歩です!!!

 

Written By 吉谷 加奈子

 

 

SORANI GMK
SORANI GMK
Climbiing Gym SORANIでジェネラルマネジャーをしています。 ジムでお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です