お知らせ 親子ファンクライミング
2019年11月7日
Rainbow Jr.通信 14 個人面談が始まりました。
2019年11月12日
全て表示

クライミングに復帰したい!?

日頃、子供のクライミング練習の「やる気行動」に注力している私ですが、

自分のクライミングに関しては完全に「やる気なし」状態です。

ここ数カ月は、週1クライマーから、月2クライマーになり、そして月1クライマーへ。

そして、とうとうクライミングしていない日が、はや数カ月・・・

言い訳は山のようにあり、

仕事いっぱいたまってるし、

子供はまだ手がかかるし、

家事もやらないといけないし・・・なんて

言い訳を言わせれば、世界NO.1となれるわけです。

 

でも、かなちゃん(私、筆者です。)は知っています。

「やる気がないのは、自分がめんどくさいと思っているから~!」なのです。→チコちゃん風に言ってみてください。

自分では本当はよくわかっているのです。(ああぁぁ)

 

しかし、昨日何気なく見た ”「勉強しない」と決めることがやる気への第ー歩” という東洋経済の記事が心に残りました。

抜粋してみると、

いったんは逃げることを認めてあげることが有効。

「逃げてもいいから、イヤイヤでもいいから」などとまずは回避行動を認めたうえで、

「最低限これだけは暗記しよう」などと成果の表れやすい努力を促すことが、

好循環に入るきっかけになるかもしれないと提唱する。

『やる気なんてなくていいから、やっつけ仕事でもいいから、ちょっとやってみよう』と働きかけるほうが効果的。

 

なるほど~

クライミング、やったら、おもしろいのはわかっているのですが、

登ることから少し離れてしまうと、

自分が思うように動けないし、

体重が妊娠7ヵ月の時と同じ現在、「自分が重い!」のです。

できないから、やらない→やらないと、さらに体重が増える、の悪循環にはまりまくっていました。

でも、それを事実として受け止め、まずはちょっと登ってみようかなと思いました。

 

めんどくさ~、だる~、重~という状態の時は、

実は、そもそも仕事もイマイチだし、家事育児でもイライラ、そして自分のことがまったくできていない時です。

そのため、そんな状態を払拭するために、まずは「自分の時間を作ってみる」ことにしました。

一日の仕事、家事を大幅、見直し、とりあえず1時間を捻出。

バリバリのクライマーからみると「たった1時間!?」なのですが、

今の自分にとって、これは、がんばって捻出した1時間です。

 

クライミングに復帰したい人、初級者にとってまず必要なことは、「質より量」です。

久々に登ると、すぐに指皮は痛くなるし、クライミングシューズは痛い。

ちょっと登るだけで、すぐにパンプ(筋肉がふくれる、いわゆるパンプアップ状態)します。

 

しかし、ここの苦しい時がすぎると、

少しずつ体が動いてくるのを知っています。

大怪我して、しばらく登らなかった後も、

妊娠して登っていなかった後も、

体が動いてくると自然に登る「質も量」もアップしていきました。

だから、「ちょっとやってみよう」で始めます。

 

クライミングやりたかったのに、なんだか離れちゃって・・・

昔はバリバリだったけど、もう動けないかも・・・

なんて不安に思っている人がいたら、

ぜひ、一緒に「ちょっとずつ」登りましょう。

 

11月はお客様感謝デーです。

11月23日、24日、13時~18時は、会員様は「500円(税込)」で登れます。

クライミング楽しかったな~なんていう人が、復帰のきっかけにしてもらえればなと思います。

 

ちゃっかり宣伝などしながら、

自分の復帰の第一歩としてみました。(笑)

まずは「やっつけ」でもいいんです!!!

 

 

 

 

 

SORANI GMK
SORANI GMK
Climbiing Gym SORANIでジェネラルマネジャーをしています。 ジムでお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です